2008年06月26日

日本水産、株主総会。






本日は、ニッスイの株主総会に参加しました。

朝から東京の会場に向かう訳ですが、
普段の出勤時間とあまり変わらず、
電車が結構混んでて少々疲れました。

nissui1.jpg
あいにくの雨の中、会場へ到着。
これまでに参加したバルスやスタバとは違い、
さすがに古くからある企業だけあって、
ホテルの大きなホールを使用して、
ずらーっと社員が並んで出迎えてくれました。

大きな会場の前から2列目に陣取り、
開始を待つ。

定時の10時の直前に取締役・監査役が
一人ずつ一礼をしながら入場。
取締役17名と監査役4名の21名なので、
全員が着席しただけでも壮観でした。

10時になり、総会開始。
議長である社長のもと、スムーズに進行。
経営成績の紹介は単調で眠くなりました。
もう少しバーンと目を引く物も欲しかったですね。

その後、質疑応答へ。
どういう質問が出るか期待してましたが、
株主のレベルってのはそうそう変わらないんですな。

まともな質問ももちろんある中、
ただの感想だったり
(株主のみなさんでニッスイの製品を買って
 応援しましょう、って、当たり前だw)
『重複しますが・・・』とか
(重複するなら言わなくて良いし。)
挙句の果てには、財務諸表について物申しつつ、
異業種と延々比較する人がいてみたり。
(ニッスイと新日鉄やクラレの造原益に対する
 販間費の比率を比べても・・・

女性重役の登用の話もありましたが、
社外取締役については検討の余地があるものの、
『生え抜きの幹部』を要求する人がいましたが、
育成するのに時間のかかることでしょう、と。
取締役が50歳台後半考えれば、
30年前に会社を支配していた男たちが
(つまりリタイヤしているあなたたちだ!)
当時男女平等の雇用・評価をしていなかったせいだ。

この件に関しては、世代を考えればあと10年くらい、
時間が必要なんだろうと思う。


まともな質問で集中していたのは、
インドネシアの養殖エビの不振。

これについては、改革が遅れてたようですが、
現時点では目標としていた数字を達成しつつあり、
足を引っ張る状態からは脱却できそう。
これは良い情報でしたね。

総括としては、とにかく垣添社長に好印象。
幾分ふがいない取締役の回答もある中、
ほぼ完璧な応対(フォロー)をしていたし、
適切な資料の提示を次々指示するなど、
他人任せにせず、非常に細かいところまで、
社長自らが目を通している事が伝わってきました。
この社長であれば安心して任せられると感じましたので、
とても良い体験となりました。

総会はちょうど2時間、12時前に終了。
終了後は試食懇談会という事で、ロビーなどを利用して、
ニッスイの製品の展示と共に試食コーナーが設けられました。

まぁ、人が多いこと多いこと。
試食品を貰うのに長い列ができるのはどこも同じですね。
デパ地下の試食コーナーじゃあるまいし、
次々とかき集めるような人もいれば、
列など無視して割り込む「おばちゃん」もたくさんいて、
かなり辟易としました。
『こんなもんか・・・』と。


寿司とグリルチキン、サンドイッチに加え、
イマーク(中性脂肪を下げる効果のあるドリンク)をゲット。
試食開始直後は人も列を為してましたが、
30分くらい経って来ると満足して帰っちゃうのか、
結構列が短くなってきている感じでしたので、
ゆっくり動く方がスマートかも知れませんね。

『懇談会』というくらいで、取締役もところどころに立っていて、
私も聞きたい事があったので話しかけました。
ネームプレートをじろじろ見る機会もなかったのですが、
酒井取締役(新任)だったと思います。

テレビなどを見ると中国やロシアの富裕層を中心に
魚を食べる動きや寿司ブームなどが報じられており、
この地域に対しての現況を聞いてみました。

グローバルネットワークを通じての販売などはやっているが、
ズバリ商品として投入するものが現時点で少なかったり、
中国に関しては代金回収の問題があるなどのお話が聞けました。
また、本邦への輸入に関して言えば、完全に『買い負け』との事。
確かに今の日本は『安くて当然』という風潮があり、
『適切な品質のものに適正な価格を支払う』という文化がなく、
商習慣としては崩壊気味なんだろうな、と思います。

国民一人一人なのか政治のチカラなのか・・・
難しい問題かも知れませんが、
『みんなで豊かになる』社会を考えさせられました。

今の日本って、
 貧乏→安物買い→価格破壊→企業収益悪化→低賃金
というようなスパイラルが見えるようで。

nissui2.jpg
お土産はニッスイ製品:缶詰の3点セットでした。
妻の分と二つ、帰りは重かったです(笑)

そんなこんなで本日の相場には全く参加せず。
結果的には日経平均は小幅ながら下落。
下値も固まってきているようではありますが、
本日はシティグループに損失懸念の報道があったりして、
まだまだ金融不安はおさまりませんね。


【気になるニュース】
『朝比奈響の気になる経済情報』として、
気になるニュースは別ブログにしてみました。
もっと手軽に気になったニュースをまとめたいと思いますので、
よろしければご参考ください!

URL>  http://asahina-news.seesaa.net/


【気になる銘柄】
2476 テンプスタッフ 91600(-2400)
 ここの下げはグッドウィルの影響か。
 派遣を巡る状況は変わりつつありますが、
 日本に産業があり、労働者が必要な状況は変わらず、
 業種自体が影響を受けるとも思えない。
 次の『ビジネスモデル』を打ち出せるところが
 生き残って行くのかも知れません。
 持ち株のフジスタッフはほとんど下げてませんが、
 技術者を含めて抱えているからでしょうか。


よろしければポチッとお願いします。
88-31-1.gifにほんブログ村 

株ブログへ

☆メルマガ配信やってます☆
内容は、本編とおなじですが、興味のある方は是非どうぞ♪
http://www.mag2.com/m/0000187827.html






・・・市場総括・・・
日経平均 13822.32 -7.60 -0.05%
TOPIX 1344.79 -1.29 -0.10%
2部指数 2917.34 -1.62 -0.06%
マザーズ 567.08 -1.66 -0.29%
JQ平均 1507.38 +0.86 +0.06%
ヘラクレス 936.56 -4.58 -0.49%


外資系証券経由寄り付き前注文
 売り3120万/買い2760万:差引360万株売り越し(-5)
 ※6月は10勝9敗 月計+2760万株
東証一部 値上がり682/値下がり930 S高16/S安12
騰落レシオ 84.1(▼2.4)
出来高 18億1739万株(19億8471万株)
売買代金 2兆253億円(2兆1671億円)
ドル/円 107円後半(107円後半)


【本日のあさひなファンド株式総資産】
2,727,706円(前日比△18,960)
総損失累計額 ▼492,294円
 +受取配当金 +71,046円(税抜63,979円)  


〜松井証券〜
<本日の取引> なし

<総資産:862,609円>
現金 74,419円

株式
 2768 双日 300株(終値356円(-4)/平均取得457円)
 1332 日水 300株(終値481円(-1)/取得702円)
 7860 AVEX 100株(終値1210円(+10)/取得2525円)
 4751 サイバーA 1株(終値146000円(+1000)/取得176K円)
 8889 アパマンHD 3株(終値22890円(-510)/平均取得29390円)
 4761 さくらKCS 100株(終値605(+32)/取得660円分売)
 8925 アルデプロ 3株(終値4840円(-60)/平均取得26818円)
 6290 SES 200株(終値632円(-19)/平均取得538円)
 ワラント日経平均C607(15000円、'09.1.14) 2000W


〜丸三証券〜
<本日の取引> なし

<総資産:345,488円>
現金 11,598円
株式
 7619 田中商事 200株(終値584円(+12)/取得894.5円)
 4842 USEN 20株(終値425円(-2)/取得2153.5円)
 2738 バルス 1株(終値153000円(+5000)/取得91500円)
 2147 フジスタHD 1株(終値19990円(-10)/取得30800円)
 2768 双日 100株(取得356円)


〜Eトレード証券〜
<本日の取引> なし

<総資産:1,519,609円>
現金 156,101円
株式
 7203 トヨタ自動車 100株(終値5170円(+10)/取得6050円)
 7221 トヨタ車体 100株(終値2005円(+7)/取得2330円)
 2712 スタバ 1株(終値49250円(+100)/取得55100円)
 6345 アイチ 100株(終値760円(-17)/取得979円)
 2147 フジスタHD 1株(平均取得30750円)
 2738 バルス 2株(平均取得88050円)
 4761 さくらKCS 100株(取得660円分売)
 8889 アパマンHD 1株(取得36600円)
 7619 田中商事 100株(取得714円)
 8925 アルデプロ 1株(取得9720円)

〜さわかみ投信〜
本日の基準価額 15481(-101)
(購入時基準価額17617.14)
posted by あさひな at 21:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 株式奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニッスイの総会に出席したかのように、よく分かりました。
ありがとうございます。

中国、代金回収の問題って言っても、どこでも輸出はしていると思うのですが・・(^^ゞ
買い負けは確かにあるでしょうね。
日本国内でも高級マグロを買い負けて持って行かれるくらいだし。

不動産は悲惨です。
クリードがとうとう10万割れました。
PERも3割りました。(・o・)
オイルマネーも日本の不動産を狙うって言うし、そろそろ買い時だとは思うのですが、決心が付かなかったです。
Posted by トーガ at 2008年06月26日 22:47
中国の代金回収に関しては日本とは商慣習が違うので、リスクを織り込む必要があるということですね。
私の会社でも中国向けの案件に代金回収で揉めている案件があるので、割にピンと来ましたよ。

不動産はむちゃくちゃですが・・・
全滅は絶対にありえないので、
やはり選別が必要なのでしょう。
新興系はやはり弱いですね。
Posted by あさひな at 2008年06月27日 23:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101603472
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。