2008年09月15日

リーマン、ついに破綻。




今朝も取り上げましたが・・・やはり。

「リーマン、破産法の適用申請」
情報ソース:読売新聞

(記事抜粋)
『経営難から身売り交渉を進めてきた米証券4位のリーマン・ブラザーズは15日、自主再建を断念し、連邦破産法11章に基づく会社更生手続きの適用を申請した。

 リーマンは14日、身売り先として最後まで有力視されていた英バークレイズから、買収を断念したと通告された。バンク・オブ・アメリカも一時、リーマン買収を検討したが、公的資金投入など米政府による支援が得られなかったため、メリルの買収に方針を転換した。

 バンク・オブ・アメリカとバークレイズの両行が買収交渉から退いた結果、リーマンは法的整理に追い込まれた。』

***********************

『一寸先は闇』という言葉がありますが・・・
やはり世界経済はバブルだったんでしょうね。

つい数年前まで、金融・証券業界は良い状況が続いていて、
利益も順調に伸ばしていたはず。

サブプライムローン問題が発生した後も、
『空売り』などの戦略で儲けを出したり、
世界の金融市場をさんざんこねくり回した挙句・・・
結局自ら放った刃は自らの身を切り裂く事となり。


これらのニュースがサブプライムローン問題の底を見せるのか?
テレビでアナリストは『まだ4合目』と表現していたが、
まだまだこのような業界再編による回復は遠いのか。


ドル/円は104円/ドルの円高へ進んでますが・・・
米国の金融市場の混乱を表した形か。


まだまだ、先は長そうだ。
posted by あさひな at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。