2008年10月13日

欧州株式市場は大幅反発で始まる




「欧州株式市場は大幅反発で始まる」
 (情報ソース:読売新聞

 週明け13日の欧州の主要株式市場は、金融機関への公的資金注入に向けた動きが欧州で広がっていることや、銀行間取引を各国政府が保証することでユーロ圏首脳が合意したことを受け、大幅反発して始まった。

 午前9時半(日本時間13日午後5時半現在)、ロンドン市場のフィナンシャル・タイムズ(FT)100種平均株価指数は先週末終値に比べ6・39%上昇、FT100種平均株価指数は6・56%上昇している。

*************************

先週末のG7、そして週末の各国政府の動きを受け、
金融市場の混乱が落ち着きを取り戻せるのか。

週明けの相場に注目が集まるところですが、
とりあえず日本市場は体育の日でおやすみ。

欧州市場が先行する形となりますが・・・

欧州ではまずは反発スタート。
伸び悩みも見られますが、
それでもプラスで終われるかが重要でしょうか。
posted by あさひな at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 深夜の瓦版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108026260
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。