2008年11月23日

あさひな的来週の展望など






世界経済はどこへ行こうとしているのか・・・

日経平均は逆三尊を形成し、
バブル後最安値と言われた水準から切返すと思われたが、
米国発の金融市場の混乱はまだ収束しておらず、
再び日経平均8000円を割り込んだ。

改めて安値が意識される形となり、
『日経平均5000円』
というような悲観的なシナリオも囁かれる。

まぁ、澤上氏の弁を借りるまでもなく、
このまま世界経済がどん底まで落ち込む事もないだろうし、
仮にそれに近い事が起きたとしても、
これまでと同じく、多くの有力企業は生き残るだろうし、
私が死ぬまでの間・・・例えば30年くらいの間・・・に、
日経平均が1万円を超える事が一度もない事は、
きっとないんではないかと、思う。

『失われた10年』を経た日経平均が、
8000円から1万8000円に戻ったのと同じように。

という訳で、投資家たるもの、
安値水準では果敢に行動を起こしたいものだ。
狙っている株をより多く仕込むためにも、
現金は必要なのであるが・・・


それにしても、配当利回りがものすごい。
銀行に預けたって、0.5%も金利がつかないこの時代。
流動資産に余力がある大企業なら、
たとえ数年経済が混乱しても、
そう簡単にぶっ倒れる事はないだろう。

例えばトヨタが4%をはるかに超えている。
大減益はしたものの、
余力のある大企業は簡単には減配しないのではないか。

持ち株の一つ、双日は利回りが7%に達している。
そもそも財務体質がイマイチで警戒されてもいるだろうが、
豪ドルやNZドルの為替リスクとどちらが高いだろうか?





【来週のスケジュール】
11/24(祝)
東京市場休場(「勤労感謝の日」の振替休日)

米10月中古住宅販売(24:00/前月比-2.5%)
 11月独Ifo企業景況感指数
《決算発表》
 HP、キャンベルスープ、アナログ・デバイセズ

11/25(火)
10月企業向けサービス価格指数(8:50)
 11月日銀金融経済月報(14:00)
 10月スーパー売上高(14:00)
《決算発表》
 梅の花、ダイドードリンコ、内田洋行、菱洋エレクトロ

米9月S&Pケース・シラー住宅価格指数(23:00)
 米11月消費者信頼感指数(24:00/40.0)
 米7-9月GDP改定値(22:30/前期比年率-0.5%)

11/26(水)
日銀白川総裁講演(17:00〜東京大学)
 北側一雄公明党幹事長の講演
《株主総会》
 鉄人化、MKCM、夢の街、アムスライフ
《決算発表》
 ユニバース、白洋舎、SUMCO、生保各社

米10月耐久財受注(22:30/-2.5%)
 米10月個人所得(22:30/0.1%)
 米10月個人支出(22:30/-0.9%)
 11月シカゴ購買部協会景気指数(23:45/38.0)
 11月ミシガン大学消費者信頼感指数・確定値(24:00/57.9)
 米10月新築住宅販売(24:00/前月比-3%)
 感謝祭前日で米債券市場が短縮取引
《決算発表》
 ティファニー

11/27(木)
10月日銀金融政策決定会合議事要旨(8:50)
 2年国債入札
《株主総会》
 ビックカメラ、INDEXHD、USEN、サイゼリヤ、
 島忠、IDU、ファーストリテイリング

中国「中央経済工作会議」(北京〜3日間)
 米国市場休場(「感謝祭」)

11/28(金)
改正建築士法施行
 10月家計調査(8:30)
 10月労働力調査(8:30)
 10月全国消費者物価(8:30/除生鮮・前年比1.9%)
 10月鉱工業生産(8:50/前月比-2.7%)
 10月住宅着工(14:00/前年比30.3%)
 10月建設工事受注
《株主総会》
 リンクセオリー
《決算発表》
 ラクーン、日本駐車場開発、ピジョン、整理回収機構

米「ブラック・フライデー」
 ユーロ圏10月失業率
 ユーロ圏11月消費者物価

11/29(土)
《株主総会》
 マルマエ

OPEC(石油輸出国機構)会合


参考:トレーダーズウェブ

来週もみなさんに良い風が吹きますように☆
posted by あさひな at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。