2008年12月31日

'08年株式10大ニュース




1.リーマンショック
 9/15、リーマン破綻。
 ベアースターンズとメリルリンチは大手銀行に買収され、
 ゴールドマンサックスとモルガンスタンレーは
 大幅増資後、銀行持株会社に移行。

2.日経平均バブル後最安値
 10/28、バブル後最安値6994円。
 1982年10月以来26年振りに7000円の大台割り込み。

3.円高加速
 3月に1ドル=100円割れ。
 87円11銭まで下押し。
 1995年7月以来、13年5ヶ月ぶりのドル安水準。

4.NY原油大荒れ
 1月に100ドル突破。
 7月には1バレル=147ドルの史上最高値を更新。
 9月から急落して下落は止まらず、
 約4年5ヶ月ぶりに30ドル台に転落。

5.主力企業の下方修正ラッシュ
 トヨタ赤字転落。
 「外需頼み」という日本経済の構造的問題点浮上。

6.ビッグスリーの救済問題で二転三転
 当面の危機は後退したが、
 '09年内の経営破たん説もいまだくすぶる。

7.業界再編の波
 パナソニックが三菱電機をTOB。
 新日鉱HDと新日本石油が経営統合など、
 業界再編の波が広がる。

8.経済指標が相次ぎ急降下
 実質GDPは7-9月期、2四半期連続の前期比マイナスへ。
 11月の鉱工業指数が前月比△8.1%。
 (1953年の統計開始以来、最大の落ち込み。)

9.上場企業の経営破たん、相次ぐ。
 経営破たん34社。'02年の29社を上回り過去最多。
 うち25社は不動産及び建設業、
 負債総額1兆3376億円の90%を占める。
 負債額最多は8月破綻のアーバン、2558億円。

10.個人投資家大幅買い越し。
 個人は12月3週までの累計で1兆863億円と
 18年ぶりの買い越し。
 10-11月は信託銀行が約2兆3600億円の買い越し。

*************************




モーニングスター社のランキングを参考に。

とにかく『歴史的』と言われた2008年。

この壊滅的状況から急に復活するとは思い難いけれど、
このまま底なし沼に落ちて行くとも思いにくい。

資本主義経済がなくなってしまうとか、
あるいは、
世の中から『通貨』がなくなるとは、
思いませんよね。


2008年も本当におつかれさまでした。
あと半日ほどで新しい年がやってきます。

夜明けの前が一番暗い。
歴史的な破壊の後には創造が待っている事を期待する。
そんな一年になる事を祈念して。
posted by あさひな at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111951622
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。