2007年05月05日

上田ハルオ




毎朝の「モーサテ」を見ながら気になるCMのひとつ。

「為替」に関するクイズ?が次々と出題され、
(ほとんどの)答えが「上田ハーロー」になるという、
「上田ハーロー」のCM。

その問題のひとつで、
『大正時代から為替市場を見守っているのは?』
『1.上田ハルオ』
『2.上田ハーロー』
『3.下田ハーロー』
みたいのがあって、この問題大好き。

『上田ハルオって誰やねん!』
ってすっごく気になるんですよね。
大正時代から100年以上も為替相場を見て来たって、
『すごい人やなぁ!』と。

まだまだ駆け出しの株式トレーダーですが、
いつの日か、株式市場の長老になれるように。。。
『上田ハルオ』を目指してがんばります!


※上田ハルオはフィクションです。。。たぶん。

posted by あさひな at 12:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 投資その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今のようにFX業者が乱立する前、外為市場といえば上田ハーローでしたよね・・

為替のニュースで流れる画像は、丸いデスクで繋がったディーラー間を、クリップのようなおもりをつけた売買メモが行き交う独特の世界、いつも上田ハーローでした。

えっ、覚えていない??
・・・・・・・・・・・・(-_-;)

何せバブル期の生き残り、Heywardさんにもジュラ紀の生き残りのように言われてるし・・

恐竜か!!
Posted by トーガ at 2007年05月05日 14:51
トーガさん☆
ジュラシック・トーガ、ですか(失礼!)
うんうん、私もそのイメージ分かりますよ。
(丸いテーブルでクリップみたいの。。。)
あれって何やってるんでしょうか。。。と今でも実は良く分かってません。
一人ひとりが銀行・FX業者の代表?で、「買い!」「売り!」ってやってるんでしょうかねぇ。。

FXに手を出していない理由のひとつが証券会社以上にFX業者が「良く分からん!」って事です。
有名どころもあるけど、結構手数料に差があったりして。。。
(証券会社でも野村とか大和とかは老舗で有名だけど、手数料高いイメージがあるのと同じで。)
Posted by あさひな at 2007年05月05日 18:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40838259
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。