2008年03月21日

底打ちサインを探して。




連日市場は混乱を続けており、
まぁ、確かに米国もまだまだ落ち着かないし、
本邦に至っては中央銀行総裁不在の体たらく。

下げ続ける相場はないわけで、
どこかで反転してくれるのであろう。

その底打ちサインを探すわけだが。。。
まだまだ見つからないのだろうか。


そんな中、気になるニュースが一つ。
『3月第2週の外国人の売り越し額は9226億円。
 ブラックマンデーの87年10月3週(1兆1220億円)以来、
 過去2番目の高水準』との事。

日本株の6〜7割の取引が外国人と言われるとおり、
この売り越しが今年に入ってからの軟調相場を形成したが、
どこまでも売り続けるわけには行かないわけで、
さぁ、そろそろなのでは?


通常ならば3月末の権利取りの付近で一旦反発し、
GW頃に底を迎えるのだが、
ここからどう動くと予想するだろうか。

そうそう、忘れちゃいけないのが、
来週早々、3月25日(火)が
3月末の権利付き最終取引日ですよ。
posted by あさひな at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。