2007年12月22日

【閑話休題】簿記3級合格



なんだか、予定よりも数日早く結果が届きましたけど。。。
無事に『簿記3級』合格いたしました^^

参考データより。
受験者数  23,239人
実受験者数 16,254人
合格者数  4,885人
合格率   30.1%

成績は。。。
     得点/配点 (平均点)
合計   81点/100点 (50.9点/50.9%)
設問1  12点/20点  (9.0点/45.0%)
設問2  8点/10点  (6.4点/64.0%)
設問3  21点/30点  (16.6点/55.3%)
設問4  8点/8点   (1.8点/22.5%)
設問5  32点/32点  (17.1点/53.4%)


感想としては・・・
簿記3級の試験は練習問題が全てのようです。
出題のパターンはほぼ決まっていますので
(いくつかの形式からどれかが出る感じ・・・)
過去問題や予想問題をしっかりやっておけば、
少々穴があっても70%の正解率には到達できるかと。

あと、やはり時間配分が問題なのでしょうか。
わたしは公文式のせい?で問題を解くのが早いので、
特に気にしなかったですが、
全ての問題に手を出せなかった人もいるのかな?と。

設問4は、私にとってはラッキー問題だったのですが、
ちょっと過去の形式とは違っていたようで、
平均点がとても低いのが目立ちますね。

設問5は「現金勘定」が2段に別れていたのに騙され?
「現金過不足勘定」まで付け足したりしちゃいましたが、
解答速報を出していた会社(どこだったっけな?)の配点通り、
全く得点には響かなかったようです。
もちろん適当にはできないでしょうが、
「ツボ」さえ抑えていれば点数も取れそうですね。


次のターゲットは『簿記2級』です。
取り合えず2級くらいは持って置かないと自慢できないかな、と。

メーカー勤務の私としては原価計算は割と仕事に近いので
(直接計算している部門ではありませんが・・・)
掴みやすいという意味では有利だとも思ってます^^

現在の勉強の進捗具合は、
工業簿記:取り合えずテキスト読破
商業簿記:テキスト20%ほど勉強中
模擬問題:未着手
ということもあり、
仕事1〜2月が来年度の計画の山でもあり、
かなりの確率で玉砕しそうなので、
一回パスしてその先に・・・と思ってます。

できれば1月中にはテキストを終わらせて、
模擬問題をやりながら補強したいな・・・と。

取り合えず、年末はゆっくりしたいところです(笑)
posted by あさひな at 11:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 資格へダッシュ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

明日は日商簿記3級試験です。




夏場以降、勉強の進み具合が悪くなり、
結局2級との同時受験は断念した訳ですが、

早いもので、明日は日商簿記3級の試験日となりました。

3級ならば、大丈夫だと思ってますが。。。
なにせ独学、あちこちにアナがあります故、
玉砕する恐れも十分にあります(笑)

何より気になるのは、試験会場が駅からバスで20分の
商工高校ということで、行くのが大変〜(爆)

明日試験を受ける皆さん、
一緒に頑張って、合格しましょうね!
posted by あさひな at 17:13| Comment(8) | TrackBack(0) | 資格へダッシュ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

簿記3級一本で。




いろいろとお騒がせしてきましたが、
この秋の受験は「簿記3級」一本に決め、
昨日申し込みを完了しました。
(入金はまだ。)

「簿記2級」との併願を視野に勉強していたのですが、
勉強が間に合わず。

一番の要因は勤務場所が7月から近くなった事で、
通勤時の勉強量が減った事・・・かな(笑)

現時点で簿記2級は工業簿記がやっと目処が付いたところで、
商業簿記はまだ全く手をつけていないので、
ちょっと間に合わないかな、と。

3級の方もざーっとやってきたのでアナが多いし、
10月に入ったら3級のおさらいをしながら、
一発合格を目指したいと思っています。

模擬試験をやりながら、やっと、
「合計試算表」と「残高試算表」の違いに気が付いた位で^^;
posted by あさひな at 12:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 資格へダッシュ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

簿記3級、試験勉強中。

現在、鋭意勉強中です^^

目標は11月?の日商簿記3級&2級のダブル受験です。

3級のテキストを一通り読み終わりました。


テキストはこれにしました。

ざーっと読んで、なんとなく分かった気になってました。




そして、こちらの問題集で腕試し。

うっは、分からんわ〜(笑)

問題に慣れていないこともあって、第一回、第二回と撃沈。
全く手が出ないわけでもないんですが、
『こうやったらいいんかな〜』みたいなうろ覚え連発。

結局、答えを見ながら、『なるほど〜』と。
甘く見て正答率50%程度って感じでしょうか。

第三回でやっと調子をつかんできて、5問中4問を取った感じ。

よく言われることですが、これは問題を解きまくるしかないですね。
今のところ3級の問題集はこれしかもっていないので、
『これを勉強したら良いよ』という問題集、
お勧めがありましたら、是非教えてください。


今のところ、2級「工業簿記」のテキストを読みながら通勤し、
夜、寝る前に寝床で3級の問題を少しずつ解く生活を送ってます。

posted by あさひな at 22:26| Comment(5) | TrackBack(0) | 資格へダッシュ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

☆ファイナンシャルプランニング技能検定☆

2FP.gif

昨日、無事に2級FP技能士の認定状が届きました!


ぶっちゃけ、試験直後は
「ダメだなこりゃ!」
と友人たちにも標榜したくらいだったんですが・・・
なんとか滑り込みできたようです。

ちなみに、試験結果は、
学科:60点満点中36点で合格・・・41点
実技:50点満点中30点で合格・・・32点

いや〜、きわどいきわどい。

特に実技は配点のせいか、書きっぷりをもうちょっと間違えてたら、
アウトになってましたね><;


この機会に改めてFP技能士のご紹介をしておこうかと。
(私も決して詳しくないんですが・・・)


FP技能士とは・・・
『ファイナンシャル・プランニングについての専門的な知識・技術を
 一定水準以上持っていることを示す国家検定資格です。』

認定機関は、
(社)金融財政事情研究会(金財研) と、
(NPO法人)日本ファイナンシャル・プランナーズ協会 です。
それぞれが認定試験を行い、認定をしています。

普通は金財研が入り口になる人の方が多いと思います。
「AFP」「CFP」という資格は日本FP協会固有のもので、
金財研でFP2級合格後、(通信教育等で)一定の研修を受ければ、
AFPの資格をゲットできます。
CFP(国際規格)を取る為にはAFPが条件となりますので、
こちらに進むには留意が必要です。


FPの持っている知識(試験範囲)は、
1.年金・健康保険
2.生命保険等
3.金融商品
4.税金
5.不動産
6.贈与・相続
といった内容となります。

普段の生活の中でも知らず知らずに関わっている項目でもアリ、
勉強しておく事は結構タメになりますよ。


試験は年に3度。
2007年度は'07.5、'07.9、'08.1となります。
'07.9の試験の受験申請がちょうど現在進行中。
7/25までが申請期間で、試験は9/9となります。


※あさひなが使用した参考書 〜FP3級〜※

FP3級は・・・
受験資格の制限がないため、誰でも申し込み出来ます。

学科試験はマークシート方式。
2択(○×)が30問と3択式が30問の計60問。
60点満点で6割=36点以上で合格です。

※あさひなは1月受験で46点でした。
 その時の合格率は62.58%。
 最新(5月)の合格率は72.35%。

実技試験は、普通の人は「個人資産相談業務」を受験すると思います。
(もう一つは「保険顧客資産相談業務」)
こちらは「筆記式」ですが、実際は全て(ほとんど?)が回答選択式で、
自分で文言を書いたり、式を書いたりする事はありません。
(計算途上で計算をする必要はもちろんありますけど。)

実技試験は出題されるところのパターンがそれほど多くないので、
過去問や予想問題などしっかり勉強しておけば自信がつきます。
通常は事例5つで15問。(1事例3問)
50点満点で6割=30点以上で合格です。

※あさひなの1月受験時は44点。
 その時の合格率は61.46%。
 最新(5月)の合格率は71.01%。



テキスト等でちゃんと準備をしておけば独学でも十分合格は狙えます。
また、FPの試験では「一部合格」という制度があるため、
最初の受験で学科・実技の両方を合格できず、
どちらか片方だけ合格した・・・という場合であっても、
次回の試験で合格した方は免除となるので、一歩ずつ合格が目指せます。
例えば、最初の試験で、学科○、実技×だった場合、
次回の試験では実技のみを受験、合格すれば資格が認定されます。



※あさひなが使用した参考書 〜FP2級〜※

FP2級は・・・
実務経験がない場合はFP3級合格が資格となります。
よって、直接関係のない仕事や学生さんはFP3級をステップに
する必要がありますね。

学科試験はマークシート方式。
4択(○×)で60問。
60点満点で6割=36点以上で合格です。

※最新(5月)の合格率は19.33%。

実技試験は、こちらも普通の人は「個人資産相談業務」を
受験すると思います。
こちらは「筆記式」です。
3級と違って、途中式などを書く問題もあります。
書き方を含め、練習が必要ですね。
文言を自分で書く方式もありますが、
選択肢が記載されているものが多いので、
法律の「名称」みたいなものを覚える必要はないかと。

これまた、出題のパターンははっきりしているので、
ある程度時間をかけて準備しておけば対応できます。
通常は事例5つで15問。
50点満点で6割=30点以上で合格です。

※最新(5月)の合格率は35.96%。

合格率を見ても分かるとおり・・・
2級になると、実技よりもむしろ学科の方が難しい。
学科の出題範囲は広くて絞りにくいため、
全般をしっかり勉強する必要があります。
実技は逆に「問題に出来る」場所が限られるため、
絞って対策が可能ですね。


9月の受験を予定されている方・・・
興味のある方、いろいろ情報交換できると良いと思ってます。
勉強中の方はがんばってくださいね☆


<参考ページ>
(社)金融財政事情研究会(金財研)
 試験の案内等の他、過去問も掲載。
 http://www.kinzai.or.jp/ginou/indexfp.html

(NPO法人)日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
 CFP、AFPを目指す方はこちらもチェック。
 http://www.jafp.or.jp/


***試験勉強をしながらよく聞いていた曲***
Rachmaninoff Piano Concerto No. 2 in C Minor
なんとも悲壮感にあふれた壮大な音楽です。


posted by あさひな at 14:17| Comment(6) | TrackBack(2) | 資格へダッシュ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。