2009年02月14日

トヨタ「V字回復」?






『トヨタ「来期V字回復」のシナリオ』
 〜59年ぶり赤字決算の裏側にある狙い
記事ソース:MONEYzine

(前略)

 トヨタの赤字転落は連日新聞やテレビなどのメディアで報じられたが、一方で経済アナリストの間では、同社の赤字報道に疑問の声もあがっている。その中のひとつが「トヨタはわざと赤字を出しているのではないか」(大手証券アナリスト)という見方だ。

 今のトヨタが抱えている問題は、金融危機による世界販売の急減がもたらした過剰在庫・過剰設備・過剰人員だ。在庫からどれぐらい損が出るかという見積もりは、最低ラインの決まりはあるものの、基本的には経営判断に委ねられる。つまり「ある程度意図的に損失を生み出す」ことも不可能ではない。09年6月末に開く予定の株主総会後の取締役会で創業家出身の豊田章男副社長が社長に昇格する予定だが、「豊田家のプリンス」にバトンを渡す前に膿を出し切るため、同社は設備の廃棄や余剰人員の削減、年金や有価証券の含み損など、経営判断で損失にできる部分を保守的に見積もることで、今期を赤字に転落させたとアナリストの間で囁かれているのだ。

(後略)

(全文は、記事ソース:MONEYzineにて)

**************************

トヨタ自動車の赤字はかなり大きなニュースでしたが、
これが「意図的に」(もちろん合法的に)行われている、
としたらどうだろうか。

ゴーン社長が行った日産自動車の改革も同様であったと
囁かれるように・・・
このタイミングで『大政奉還』を行ったトヨタにとって、
今年の業績を少しでも良くする事よりも、
来期に大きく回復させる方がメリットがある・・・と。

結局のところ『評価損』ってのはバーチャルな損な訳で、
今年落ちた分はいつか戻るかもよ・・・とか言ってみる。
posted by あさひな at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。